即日融資はアコムにお任せ!口コミや審査についても詳しく

アコムの口コミをご覧ください

 

 

会社員で年収は475万円でした。過去と現在の借り入れ状況としては、100万円の借り入れをしましたが、現在は完済しています。

 

借り入れをしようとしたきっかけは、一人暮らしをしていましたが、彼女との同棲をすることになりまして、引っ越しをすることになりました。引っ越し費用と、新しいアパートの敷金と礼金などをはまうために50万円ほどが必要な状況になりました。一人暮らしの時にあまりお金を貯めてこなかったこともあり50万円はわたしには払えませんでした。しかし、彼女には会社員で仕事をしていて、貯金が全くないということを知られてしまうのは嫌でしたので、なんとか、お金を準備したかったというところで、インターネットでお金を作る方法を検索しているときに、カードローンの存在を知ることになりまして、周囲の人にバレずに借り入れができるということもわかりましたので、カードローンを利用しようと思いました。
借り入れを行うまでは、アコムに申し込みを行い、翌日には折り返しの電話がきまして、即、100万円の融資が可能であるという連絡がありました。そこで、カードを受け取りに無人契約機にいく必要がありますということをいわれたので、電話のあった日に、無人契約機に行きまして、少し手続きをしまして、カードの発行になりました。そこで、即利用開始可能な状態になりました。

 

アコムを利用しようと思った理由としては、まずは、インターネットの口コミにて評判を調べていまして、アコムで借り入れしようと決めたからです。
借り入れまでのスピードが早いという点は魅力的だと思いました。私はなるべく早く融資が必要な状況であったので、まず、申し込みも、スマートフォンから、すぐにできて、結果の連絡も早く来るという口コミの多かったアコムにしようと思ったからです。
あとは、使い勝手の良いという口コミが多かったのもアコムに決めた理由です。借り入れするときは、コンビニのATMで簡単に出来ますし、返済も同じようにコンビニで簡単に返済できるということから、アコムにしようと思いました。
あとは、オペレーターの人の対応が良いという口コミが多かったのもアコムにしようと思った理由でした。消費者金融に借り入れするということで、不安や緊張がかなりありましたので、口コミを見ている中で、大手の消費者金融でアコムは、担当オペレーターの対応が良く、優しいし親切だという口コミを見ましたので、アコムに決める理由の一つにしました。
借り入れは、コンビニへ行きまして、ATMからアコムカードを入れて、借り入れを選択して希望金額を入力して借り入れしました。手順は普通キャッシュカードでお金をおろすような感覚です。

 

借り入れはとても簡単にできますので、大変便利です。返済額は、借り入れ金額によって変わってきますので、借り入れ金額が大きくなるほど、返済額も大きくなっていく方式です。しかし、最低返済額としては、そこまで負担になってしまう額ではありませんので、十分に返済していける金額だと思います。
また、余裕がある場合は、返済額を多くして、一気に元金を減らすということも可能なので、なるべく早く完済したほうが、トータルで返済する金額も少なくて済むために、すこしでも早く完済できるように返済するようにしました。
利用してみての感想についてですが、やはり使い勝手が良く便利だということが1番の感想です。借り入れしたいときにいつでも近くのコンビニに行けば借り入れができますし、返済も同じようにコンビニで簡単に出来ますので、非常に便利だと思います。
ただ、便利あるがゆえに、借り入れがどんどん増えていってしまいがちになることがあったので、あくまでもカードローンはお金を借り入れしているという意識を忘れがちになってしまっていましたので、計画的にお金を借りるということは肝に命じて利用しないといけないなと思います。カードローンは計画的に利用すればとても便利な商品だと思います。


 

アコムの審査ってどうなっているの?

 

 

アコムの借入審査においては何より年収の3分の1を超える借入になっていないかという点が重要になります。

 

貸金業者を規制するための貸金業規制法においては、消費者保護のために年収の3分の1を超える貸付を行うことを貸金業者に禁じています。

 

そのため、既に年収の3分の1を超えている、もしくは新たにアコムにする借入で超えてしまう場合にはアコムは貸付を行いません。

 

次に重要なのが過去に金融事故を起こしていないかという点です。

 

過去の借入状況や現在の借入状況などは信用情報機関を通して各金融機関は知ることができるため、このあたりをごまかそうとしても借入はできないようになっています。それどころか虚偽の情報を以って申し込みをしようとした事実もまた信用情報機関に登録されることとなり、以降の借入に著しく不利になるのでやめましょう。

 

勤務状況に関する情報も重要です。

 

先ほども申し上げた通り、借入審査においては勤務状況に関する情報が最重要項目となります。

 

重要視される順に

 

@ 勤続年数

 

A 年収

 

B 勤務形態

 

C 勤務先規模

 

となっています。

 

勤続年数は特に重要で、他の項目には問題がないにも関わらず、勤続年数が少ないせいで審査に通過しなかったと思われる例は非常に多いです。

 

基準は1年以上の勤続年数があるかです。もしくは最低でも半年以上はほしいところで、半年未満では審査通過は厳しいと言わざるを得ないでしょう。

 

年収や勤務形態、勤務先規模といった項目は純粋な借入審査通過可否以上に審査通過後の借入上限額や借入金利といった部分に影響します。

 

年収はもちろん高いほうが良いのですが、高すぎると逆に審査には不利になったりします。

 

20歳年収1億円というのは少々怖いですね。カードローン審査は貸付のリスクを判断する場ですので、そういった申込者はリスクが高い場合のほうが多いのです。

 

それに関連して勤務形態は非常に重要な要素になります。最も評価が高いのは公務員で、正社員、契約社員、派遣社員、アルバイト、パート、自営業の順になります。

 

年収1億円の芸能人よりも年収500万円の公務員のほうが貸付リスクが少ないため評価は高くなります。

 

さらに、公務員は勤務先規模が国または地方自治体になるため非常に評価が高いという面があります。

 

勤務先規模は基本大きければ大きいほど信用度が高くなり、スポーツ選手や芸能人などは個人事業主となるため信用度は低くなります。

 

引用元:アコムで即日融資を受けるには?審査と在籍確認の方法、口コミもチェック!

page top